日本海ステークス2020予想 ノチェブランカ

2020年8月23日

 ノチェブランカの5代血統表から母系がドイツ系ということでまず決め手に欠ける傾向があるのは周知の通りで、まさにドイツ系の特徴を露わにした競争成績を残している。母ナイトマジックはドイツ競馬の名牝で日本で繁殖を開始してからすべてディープインパクトを交配し続けている。いつか大物を輩出するだろうと期待しているわけで、ナイトマジック最後の産駒グレートマジシャンがデビューを待っている状況でもある。今走の狙いの理由として、血統的見地からはディープ産駒の好走条件としてLyphardの活かし方が肝で、母方のKalaglowのゼダーンがうまく呼応してくれるものと期待できるからであり、 さらに母父ショロコフのSir GaylordのインブリがディープのSir Ivorを強調させているのもポテンシャルという意味では非根幹距離でしかも内回りの新潟2200mなら好走舞台として整った感がある。先行して粘りこみ、最低でも3着以内に入りそうだ。3連複フォーメーションの頭で勝負してみよう。